Close

転職する時の不安要素

高齢者が多い日本では将来的にも介護職は安定しているので、介護業界に転職する事はお勧めです。ただ、介護業界には不安な一面もあり、その1つが収入がやや低いという事です。全体的に見ると、介護職員の給料は少なめになっており、これから転職しようと考えている人は収入面を意識しなければいけません。

そこで、収入の問題を解消するためには、少しでも収入が高い介護の求人を見つける必要があります。しかし、待遇が良い求人には多くの応募者が集まる可能性があり、介護の経験が乏しい場合は採用されるのが難しいです。例えば、経験があっても求人に応募してくる人の中には経験が豊富な人もいるので、簡単には採用されないかもしれません。そこで、この問題を解決するお勧めの方法が、昇進や昇給制度があり、経営が安定している介護施設を選ぶ事です。例えば、初任給がそこまで高くなくても、昇進や昇給制度があれば長く働く事によって自分の階級が上がり、収入が増えるチャンスがあります。つまり、あなたが仕事で成果を出して高い評価をもらうことによって、将来的に高い給料を確保出来る可能性が高いです。

また、経営が安定している施設の場合は、それだけ利益を確保出来ているので、従業員の待遇を上げやすい環境です。さらに、長く経営できる可能性も高く、安心して昇進や昇給のために頑張ることが出来ます。経営が安定していない場合は、途中で施設が閉鎖する可能性があるので、頑張って給料を上げていても退職する形となり、また他の職場で同じように努力する必要があります。また、介護職の収入には介護報酬が大きく関わってきます。そのため、介護報酬についてもなるべく理解しておくことが大切です。介護報酬に関しては、こちらの介護報酬が変える介護業界に一通り目を通しておくと良いでしょう。