Close

介護業界での2大サービス

介護業界における仕事とは、高齢者や障害者等の日常生活に支障をきたしている人への支援を行うためにさまざまなサービスを提供することです。介護サービスは大きく分けると、居宅サービスと施設サービスに分かれています。

居宅サービスは、介護サービスを受ける人が、自宅に居ながら利用するサービスです。介護を必要としている人の自宅を訪れて、食事や入浴等を支援する訪問介護と言われています。また要介護者の自宅を訪れて、在宅介護を希望する家族と話し合ってサポートする居宅介護支援もあります。介護支援専門員が委託を受けて、要介護者の環境や状況、家族の意向等を調べた上で、介護サービスの計画書を作成します。計画に基づいてサービスが行われるように、サービス事業者との連絡や調整等を行います。必要に応じて老人福祉施設や介護施設等の紹介も行います。

一方で施設サービスは、介護老人福祉施設や介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3つの施設で行うサービスです。通所介護とは、要介護者が施設に通って、介護を受けたり相談や助言等を受けられるサービスです。主に老人デイサービス事業を行っている施設や、老人デイサービスセンターが行っていて、施設の車で送迎します。通所介護のメリットとしては、家族の介護負担の軽減と、引きこもりがちな要介護者が施設で他の人と交流する機会を持てる事でしょう。それにより施設利用者は、社会的な孤立感を解消する事が出来ます。