Close

仕事でのやりがい

介護業界での仕事のやりがいは、利用者やその家族から言われる「ありがとう」という感謝の言葉をもらえる瞬間です。車椅子で移動の際や、入浴など様々な場面で「ありがとう」の言葉をもらえると嬉しいと感じるものです。その他にもやりがいはいくつかあります。

介護業界は利用者やその家族とのコミュニケーションを取る事が必須なため、人との関わりが強く、コミュニケーション能力を自然と伸ばす事ができます。そして、高齢者と関わる機会が多い為、様々な人生の体験談を聞く事ができ、自分の人間的な成長にも繋げる事ができる事もやりがいの1つです。例えば仕事の取り組み方や、死生観など、人生の先輩として時には貴重なアドバイスをもらえる事もあります。介護業界で働く上でのやりがいはその他にもあり、スキルアップをする事で上を目指せることもやりがいの1つです。無資格の状態の場合にはまずホームヘルパー2級を取得し、その後、実務経験を重ねた後にケアマネージャーの資格を取得するなど、一般的なルートもあります。

つまり、勉強とやる気次第では住環境コーディネーターや介護事務そして、社会福祉士など様々な資格を取得する事が可能なのです。このように介護業界は関連資格が多い事もやりがいの1つと言えるでしょう。その上、資格手当が多い業界になっているので、資格を取得する事でそのまま給料が上がる可能性が高くなる場合も多くあります。介護業界は一見、働きにくい環境に見えるが、このようにやりがいがある職場だとも言えるのです。